名曲「糸」が映画化菅田将暉&小松菜奈W主演 平成から令和までの31年間の恋物語とはエキストラも募集中

2019年8月20日



中島みゆきさんの「糸」といえば、だれもが知る名曲です。

この「糸」が菅田将暉さんと小松菜奈さんのW主演で2020年映画化されることになりました。

最近は漫画原作の映画が多いですが、曲からインスパイアされた映画というのは珍しいですね。

中島みゆきの名曲「糸」とは?

昨年、世代を問わず、もっともカラオケで歌われた曲の一つが『糸』 です。

『糸』の歌詞は若いカップル、恋人同士の出会いやこれからを歌っていて 結婚式でも定番の楽曲ですが、実はお葬式でも使われたりと、世代を超えて愛されています。

「逢うべき糸に出逢えることを人は仕合わせと呼びます」という歌詞がありますが、「幸せ」を「仕合せ」と表現しているのが素敵ですね。

また、 森山直太朗、JUJU 、福山雅治など沢山のアーティストにカバーされています。

映画『糸』の主演は?

主演は若手で勢いも実力もある二人がつとめます。



この二人は 『溺れるナイフ』でも 共演をされていたのが記憶に新しいですね。

映画「糸」はどんな映画か

詳細はまだ発表されてませんが


北海道をはじめ、東京・沖縄・シンガポールを舞台に、平成元年生まれの男女が出逢い、別れ、そして平成の終わりに再びめぐり逢うまでの18年間を、「生活者の視点から見た平成史の変遷」とともに描きだす

という内容だそうです。

主役2人の役どころは、北海道で生まれ育ち、チーズ工場で働く青年・高橋漣を菅田将暉、そんな漣と運命的に出会いつつも中学生のときに離れ離れとなってしまう少女・園田葵を小松菜奈が演じる、ということです。

監督は 瀬々敬久さん

監督である瀬々敬久さんは、『64-ロクヨン- 前編/後編』『8年越しの花嫁 奇跡の実話』 などの作品監督をされた方です。

ロクヨン全編では 前編で日本アカデミー賞優秀監督賞 を受賞された実力者。

菅田将暉さんとは初めての作品となりますが楽しみですね。

その他のキャスト

主役以外のキャストが発表されました(2019年8月)

榮倉奈々、斎藤工、山本美月、倍賞美津子、成田凌、二階堂ふみ、高杉真宙、馬場ふみか、永島敏行、竹原ピストル、松重豊、田中美佐子、山口紗弥加 という豪華なキャストです。

各キャストの役どころですが、

山本美月さん  葵の同僚で親友の高木玲子役
倍賞美津子 さん  「子ども食堂」の女主人・村田節子役
成田凌さん  漣の幼なじみで親友の竹原直樹役
二階堂ふみさん  成田が演じる直樹の2番目の妻・山田利子役
高杉真宙さん 葵と玲子と一緒にシンガポールで事業を始める冴島亮太役

馬場ふみかさん 直樹の最初の妻・後藤弓役
永島敏行さん 榮倉演じる香の父・桐野昭三役
竹原ピストルさん 葵の叔父・矢野清役
松重豊さん 漣のチーズ作りの師匠・富田幸太郎役
田中美佐子さん 香の母・桐野春子役
山口紗弥加さん 葵の母・園田真由美役

映画「糸」の撮影にエキストラとして参加することができます。

「糸」の公式ホームページではエキストラの募集がされていました。

映画糸公式ホームページ

■撮影期間:2019年7月~9月、12月(予定)

■撮影場所:関東近郊、北海道、沖縄県

映画の撮影に参加してみたい方は応募してみてはいかがでしょうか。

エキストラ出演したいにゃっ

芸能人

Posted by tanteim