KAT-TUNメンバーからジャニー喜多川さんへのコメント全文【ジャニーズ追悼】

2019年8月12日

ジャニーズ事務所代表取締役社長のジャニー喜多川さんが9日午後に87歳で亡くなったことを受け、ジャニーズ事務所の所属タレントたちが10日、相次いで追悼コメントを発表しました。

KAT-TUN 亀梨和也さんのコメント

ジャニーさん。
今まで、休んでいなかった分、少しくらいゆっくりしてね。
で、、、 またダメ出ししてね。
消えないこの絆。
ありがとう。

KAT-TUN 上田竜也さんのコメント

ジャニーさんとの思い出は書ききれないくらい沢山あります。本気で怒られた事、沢山褒めてくれた事。
事務所に所属して以降、ジュニアだった時、そして最近会った時も、生意気な僕にユーはそのままでいいよ。といつも言ってくれてました。
ジャニーさんのその言葉にいつも救われていました。
ジャニーさんに教わった事を志とし、これから先もジャニーさんに恥じないように仕事に精進してまいります。
ジャニーさんの子供になれて誇りに思います。
ジャニーさんが作り上げたジャニーズ事務所に所属できて誇りに思います。
育ててくれてありがとう。

KAT-TUN 中丸雄一さんのコメント

今はジャニーさんがいなくなったことを受け止める事ができずにいます。
私にとって、芸能に関する根本的な事は全てジャニーさんから教わり、存在は父のようでした。
病室に集まる多くのタレントを見て、いかにジャニーさんが深い愛情を持った人で、そして愛されていた人であるかを改めて知りました。
ジャニーさんの考え方やセンスを身近に見られたことは、自分にとって幸運で、共に過ごした日々は一生忘れることはありません。 

KAT-TUNのプロフィール

KAT-TUN(カトゥーン) 亀梨和也、上田竜也、中丸雄一によるアイドルグループ。

NHK『ポップジャム』にて“KAT-TUN”を結成。2006年3月、シングル「Real Face」、アルバム『Best of KAT-TUN』、DVD『Real Face Film』の3タイトル同時発売でデビュー。

デビュー作品の三部門達成は史上初となる。また2009年5月には、“東京ドームの連続公演記録8日間”という新記録を樹立したことも大きな話題となった。

2010年7月に赤西仁、2013年9月に田中聖、2016年3月に田口淳之介がグループを脱退した。

2016年5月、コンサート『KAT-TUN 10TH ANNIVERSARY LIVE TOUR“10Ks!”』をもって、充電期間に突入。

2018年1月、活動再開を発表。同年4月、再始動第1弾シングル「Ask Yourself」を発売。