京アニ火災脚立放置のマスコミのマナーに苦言、取材側の言い分も

京都アニメーションの火災については、たくさんの人が亡くなり非常にショッキングな事件であり、報道も長期にわたっています。

そんな中、現地でのマスコミのマナーについてネット上では非常識ではとの批判のことが上がっています。

こちらの写真のように献花台の前に各マスコミの脚立が置きっぱなしになっています。

マスコミが親族の人を撮影しようと陣取った場所がちょうど献花台の前。

多数の人がこの状況に驚き、中には強い口調で非難している人もいます。

ただ、マスコミ側の言い分もあるようです。

報道されることによって、私たちが知るところになるという点もあり一概にマスコミを非難することはできないのかもしれません。

ただ、同じタイミングで吉本興業の闇営業がらみではマスコミに対してこんなツイートが

大きな事件が立て続けにおきた今週。マスコミの取材体制についても一考の余地ありです。

未分類

Posted by tanteim