ノースペットサルモネラ菌入りで亡くなったペット15匹目。飼い主への対応がひどい

生活クラブ連合会が販売したペットフードがサルモネラ菌などで汚染され、ペット14匹が死亡した疑いがあるとの報道がありましたが、実際に該当のペットフードを食べて苦しんで亡くなったペットの様子が公開されていました。

ペットのおやつは法的に食品の扱いを受けておらず生活用品の扱いだったので、人間が口にするものとは安全基準が異なりました。


実際の映像を見ると、たかがペットのおやつなどとは決して言ってはいけないと感じます。

おやつを食べた68匹のペットに嘔吐や下痢などの症状14匹死亡

こちらが生活クラブに掲載されていたお知らせ。ペットの嘔吐や下痢などの健康に関する被害の報告がありと記載されていますが、実際には14匹のペットが死亡してます。

サルモネラ菌と大腸菌群が検出されたのは、 「ノースペット」が製造し生活クラブ連合会が販売した鶏のササミ肉を加工した「犬・猫用ササミ姿干し 無塩」という商品です。

15匹目の被害ペットが

生活クラブの犬・猫用ササミ姿干し 無塩によって亡くなったペットは14匹と報道されていましたが、15匹目のペットが亡くなっってしまったようです。

サルモネラ菌による中毒では意識障害痙攣によって死に至るケースがあるそうです。こちらのペットちゃんも痙攣で苦しんでいるようすが見て取れます。


ノースペット生活クラブのひどい対応

犬とはいえ、家族同然のペット。犬を飼っている人はフードやおやつのことを「餌」という人はいません。

わんちゃんの「ごはん」や「おやつ」として人間と同様に考えて与えているのに、販売している側の認識は違うようです。

上記の飼い犬をなくしてショックを受けている飼い主さんに対してのノースペットと生活クラブの対応がひどすぎます。

未分類

Posted by tanteim